ライブチャット利用基本契約
本契約は「株式会社WORKPLUS」(以下、当社という)が行うプロダクション運営事業に関して、
出演者と当社、及びマーネージャーと当社との基本契約関係に於いて定めるものである。
| 用語の定義 目的・登録マネージャーの役割 エンジェルライブチャットの役割倫理基準 |
| 法的問題に対しての責任 障害発生時の処理請求・支払い権利の帰属 |
情報の二次使用 損害賠償解約変更機密保持権利、義務の譲渡禁止
有効期間協議管轄裁判所

第1条(用語の定義)

本契約における各用語の定義は、以下の通りとする。

ページのトップへ戻る
第2条(目的・登録)
ページのトップへ戻る
第3条(マネージャーの役割)

マネージャーは、自己の責任と費用負担において、次の各号を実施するものとする。

ページのトップへ戻る
第4条(エンジェルライブチャットの役割)

株式会社リアズ(エンジェルライブチャット)は、自己の責任と費用負担において、次の各号を実 施するものとする。

ページのトップへ戻る
第5条(倫理基準)
ページのトップへ戻る
第6条(法的問題に対しての責任)

本サービスにおいてマネージャーが提供する映像・情報について、万一、その内容に法的な問題が発生した場合には、マネージャーは自己の責任と費用負担をもって、全面的に対応・処理にあたるものとする。また、出演者に法的な問題が発生した場合も、同様とする。但し、出演者に生じた法的問題が、マネージャー、当社、DMMライブチャットともに本契約時予期し得なかった場合には、各マーネージャー、当社、DMMライブチャットが善意をもって対処するものとする。

ページのトップへ戻る
第7条(障害発生時の処理)

本サービスをエンドユーザーに安定して提供するために、各マネージャー、当社、エンジェルライブチャットは相手方に対して、以下の通りの責務を負うことを確認する。

ページのトップへ戻る
第8条(請求・支払い)

出演料の支払サイクルおよび支払方法については、次の各号のとおりとする。

ページのトップへ戻る
第9条(権利の帰属)

本サービスを構築および実施、遂行するにあたり、得られる、特許権、実用新案権、意匠権、商標権を受ける権利(出願する権利を含む)は、本サービスの運営者である株式会社リアズ(エンジェルライブチャット)に、これを帰属するものとする。

ページのトップへ戻る
第10条(情報の二次使用)

エンジェルライブチャットがマネージャーに提供した、エンジェルライブチャットが運営するインターネットウェブサイト上で公開することを目的としたチャットレディの画像および情報については、本サービスから得られる利益を高めることを目的とした活動に限り、エンジェルライブチャットはエンジェルライブチャットの判断により二次使用することができるものとする。

ページのトップへ戻る
第11条(損害賠償)
ページのトップへ戻る
第12条(解約)
ページのトップへ戻る
第13条(変更)

本契約は、各マネージャー、当社、株式会社リアズ(エンジェルライブチャット)の正当な権限を有する者のお互いの記名捺印した書面によってのみ変更できるものとする。

ページのトップへ戻る
第14条(機密保持)

マネージャーおよび当社、株式会社リアズ(エンジェルライブチャット)は、本契約に関連して知り得た相手方の機密情報を、本契約期間中はもちろん、契約期間後も、相手方の許諾なくして第三者に開示せず、本契約の目的以外に、これらの情報を使用してはならない。

ページのトップへ戻る
第15条(権利、義務の譲渡禁止)

マネージャーまたは当社は、本契約により生ずる権利または義務を、相手方の書面による承諾を得ないで、第三者に譲渡、継承、貸与または担保の用に供することはできない。

ページのトップへ戻る
第16条(有効期間)

本契約の有効期間は、株式会社リアズ(エンジェルライブチャット)運営登録完了日半年間と定める。ただし、期間満了の日の1ケ月前までに、マネージャー、当社、株式会社リアズ(エンジェルライブチャット)いずれからも契約解約の申し出がない場合、本契約は期間満了の日の翌日から更に半年間自動的に更新されるものとし、その後もまた同様とする。

ページのトップへ戻る
第17条(協議)

本契約に定めのない事項、または疑義を生じた事項については、マネージャー、当社、株式会社リアズ(エンジェルライブチャット)が誠意をもって協議し、円満にその解決にあたるものとする。

ページのトップへ戻る
第18条(管轄裁判所)

万が一、マネージャーと当社との間で本契約に関連して紛争が生じた場合は、東京簡易裁判所または東京地方裁判所を一審の専属的合意管轄裁判所とする。

ページのトップへ戻る